ペット自慢7

私はインドネシアのジャカルタ在住で12歳のマルチーズと暮らしています。私が住む国はペットと暮らすには厳しい環境です。ペット用品も日本並みに揃っておらず、愛犬が8歳になるまで、ちゃんとしたサロンも無く、勿論ドッグランもありませんでした。連れて行ってあげられた場所は2箇所のみ、一箇所の遊園地は現在ペット禁止になっております。私の愛犬は日本とは全く違う環境にいながらも、12歳の誕生日前まで病気もした事も無く、一度だけ私がミルクの分量を間違えて下痢しただけの凄く親孝行な犬なのです。8歳の時にジャカルタに裕福層を対象とし、日本人がプロデュースしたエアコン完備のカフェ、ドッグラン、ディケア、犬用プールまで備わったサロンがオープンしました。私は愛犬を連れてサロンのオープニングパーティにも出席しました。名前は伏せたいのですが、ネットで調べればすぐに名前が出てくる日本人カリスマトリマーさんに声をかけて頂き、私の愛犬はその方にトリミングをして貰う事になりました。日本にいたら、簡単にこの方にトリミングをして貰う事は不可能です。ジャカルタにいるからこそ、して貰えた事です。そのカリスマトリマーさんの腕により、私の愛犬は別犬の様に大変身をしたのです。あの当時のトリミングの時の写真は宝物になっています。カリスマトリマーさんは常にジャカルタにいる訳では無いので、トリミングをして貰ったのは一度だけです。ですが、その後もカリスマトリマーさん推薦の日本人トリマーさんにより、続けてトリミングはして頂きました。ある日、インドネシアの有名女優の一人、ソフィアラジュパさんという方に私の愛犬が声をかけられました。これも8歳の時です。私の愛犬が可愛いから一緒に写真を撮りたいと言われたのです。まさか女優さんにまで声をかけられる事になるとは思ってもいませんでした。あの当時、この女優さんのFBには私の愛犬の写真が載ったのです。我慢を重ねた8年でしたが、有名日本人カリスマトリマー、インドネシア人女優に声をかけられた私の愛犬は幸せ者です。私の言葉だけでは嘘かもしれないと思われるかもしれませんが、どちらも写真として残っております。

エファージュの口コミ」